かつては会津地方を席巻し、戦国期に飛躍を遂げた蘆名氏。

 

ところが、次第に衰退し始めて18代目蘆名義弘の代になるともう風前の灯火。

そして、伊達政宗にトドメをさされてTHE END。

 

でも、義弘は最後まで良く頑張りました。

全力で戦っています。

 

蘆名義広(あしなよしひろ)

 

歴史ある名門一族「蘆名家」。

(戦国マニアの中ではぼちぼち知られた一族です)

そして戦国時代の末期に、蘆名の運命を一身に背負って登場したのが蘆名義広

 

とは言うものの…この義広の代で蘆名家は滅亡しちゃいます。

伊達政宗に粉砕されてしまったので。

 

義広は頑張ったのですが相手が悪かったかも知れません。

(義広、当時まだ中学生ぐらいの若さ)

 

ただ蘆名家は消えて無くなりましたが、義広はその後も生き続け角館の街(秋田県)には今でも彼の生きた証を残しています。(角館の町並み等→義広がプロデュースしました)

 

 

摺上原の戦い 政宗 vs 義広

1589年、蘆名義広とあの伊達政宗の勢力が激突。

摺上原(すりあげはら)の戦いです。(磐梯山の麓)

 

この合戦は義広の代表的な戦ですね。

このとき義広は、なんと若干14歳

まだ中学生…。

今の時代だったら「危ないから止めなさい」と言われますね、絶対に。

 

だけど、義広はこの戦いに挑んだ。

本当に挑みます。

武将ですから。

 

伊達軍23000蘆名軍16000がぶつかる大戦。

出だしは好調でした。

 

伊達をかなり追い詰めた戦いを展開します。

しかし、徐々に戦況がかわり蘆名の勢いにも陰りが訪れました。

 

そして、蘆名の勢力が伊達に押されだして崩れかけそうな時、蘆名義広は家臣400騎を引き連れ…政宗めがけ本陣に殴り込み!!

いい根性してますね。

これぞ武将。

敵を恐れぬ若武者、義広。

 

ところが…軽く蹴散らされました。

(仕方ないです、経験があまりないですから…)

 

逃げる義広。

そして、蘆名は完敗。

 

義広はいったん黒川城(今の若松城)に逃げ込みますが…政宗の追い込みを恐れて、さらに逃げます。

 

城を捨て実家のある佐竹の領域(常陸国)まで走ります。

(かなり遠いですよ、フルマラソン2回分ぐらい)

 

この戦で蘆名家は大敗を喫し、事実上の滅亡をします。

崩壊はその前から始まってはいましたけれど、やっぱり、負けたら悔しいでしょうね。。

 

ただ、負けて粉々になってしまったけれど、義広自身はよくやりました。

ハイパー武将の政宗が相手ですからね、負けても仕方がないです。

 

 

名門蘆名家、盛氏で最盛期を迎える

蘆名家って、ちょっとマニアックな武将一族なので、耳慣れない方も多いと思います。

そこで、蘆名の歴史を超ざっくりお話します。

 

蘆名家はもともとは桓武「平氏」の流れを汲む家系です。

平氏ですからね、ブランド力ありますね〜。

 

いかにも「名門」って感じするじゃないですか。

 

さて、一番初めの蘆名家は神奈川県(相模国)にいました。

平安時代の頃です。

 

それが、時代を経てそのまま神奈川に残るグループと滋賀県(近江国)に流れるグループと福島県(会津)に流れるグループとに別れました。

 

蘆名義広は会津の方の一族です。

 

会津にやって来た蘆名家は戦国時代には入り「蘆名盛氏」(もりうじ)の代で最盛期をむかえます。

それはかなりの勢力でした。

奥州では蘆名か、伊達かって言われるくらいでしたから。

 

しかし、そんな蘆名家の内情は家臣の反発や跡継ぎ問題(息子が早く死んだ)でグラグラ揺れていました。

かなりの大揺れ、ぐら〜んぐら〜ん。

 

そんな心配な状況で蘆名の未来を託されたのが蘆名「義宏」。

 

蘆名の当主は代々「盛」の字を引き継いでいたのですが義宏には「盛」が無い。

<スポンサーリンク>

義宏は養子なんです)

 

つまり、もう半分終わっている。

 

抜け殻の蘆名。

思い出の蘆名。

名前だけがかろうじて残っている。

 

そして、1589年摺上原の戦い

伊達VS蘆名

 

この戦に勝てば蘆名の新しい時代が拓けてくる

と思いきや、政宗にトドメを刺され、蘆名は滅亡

粉々に砕けました…。

 

ただ、義宏はその後も生きのびる事が出来たので、秋田県の角館に1万6千石の所領を得る事ができました。

 

そして、義宏は「義勝」(よしかつ)と名乗り蘆名の伝統を復活させようとします。

 

ところが、ところが…後を継いでくれるはずの息子たちが次々と死去。

 

THE END

 

これにて名門蘆名は影も形の無くなりました。

 

 

 

「蘆名義広」誕生

蘆名義広は、もともと蘆名の人間ではありませんでした。

佐竹義重(常陸国、茨城県)の次男です。

 

それが蘆名家の養子になっていきます。

 

その当時、蘆名家には跡継ぎがいなくて「誰か出来るヤツいないかー」って探して来たのが、佐竹の次男でした。

 

対立候補として上がったのは伊達小次郎

(どちらも蘆名の人間ではない)

 

そして、この2者で争ったのです。

もちろん、すんなり決まるはずが無く佐竹派(義宏)と伊達(小次郎)と別れて対決です。

 

そうして、なんだかんだで…次の当主は義広に決定。

これと同時に義広は蘆名の娘さんと結婚します。

 

当時、義宏は12歳(!)。

娘さん養女

ついでに蘆名の親父さんも養子

当然、義広も養子になっていきます。

 

なんか、ムチャクチャですね。

養子を連投しまくって…。

 

野球でバッターボックスに入る打者が代打ばっかりだったら「なんじゃこりゃ?」って思いますよね。

 

こんなんで良いのかしら??

 

あ、そうそう…この時始めて、『蘆名義宏』という人物がこの世に誕生します。

 

ソレ以前は「白河義広」の名前で出ていました。

…え?佐竹じゃないの?

 

そうなんです、ちょっと変なんです。

 

蘆名に来る前は、白河で養子をやっていましたんです。

その白河の前でやっと、佐竹に辿りつく。

めんどくさ、、、

 

佐竹→白河→蘆名。

 

そんな感じで、ギリギリの線をたどって行って

ようやく、蘆名家は「義広」という跡継ぎをゲットすることに成功しました。

 

 

 

角館で第二の人生

消滅したはずの大名蘆名家なんですが…摺上原の戦いで政宗にやられた後、実は一瞬だけ復活しています。

ホントに一瞬だけ。

 

義広は政宗にやられた後、豊臣秀吉が土地をくれたんです。

佐竹の兄さんの横っちょに。

そして「蘆名を名乗っていいよ」と、言ってくれたんです。

 

でも、すぐに徳川家康の時代になってしまったので、領地は没収となりました。

家康がくれた土地じゃないんでね。

 

その後、義広は佐竹の兄さんと一緒に秋田県(久保田藩)にすっ飛ばされます。

 

 

義広改め、義勝。角館で才能発揮、みちのくの小京都

でも、ここからが義広改め「義勝」(←名前変えました、よしかつ)の本領発揮です。

秋田にやって来た義勝は角館(秋田県の角館です)に赴任します。

 

そこで、古城山を中心とした角館の町をリニューアルしました。

…っていうか、古城山の周辺は町の造りがイマイチで、いづれ誰かが手直ししないといけない所でした。

 

そこで、義勝の登場です。

すると、角館の町は見違えるほど素敵になりました。

 

義重って都市デザインのセンスがあったんですねぇ。

武将より、こっちの方が合ってるんじゃない?

 

最新のノウハウを取り入れ、交通アクセスの向上、ハイレベルな衛生管理、そして、美しくて合理的な町並みを実現しました。

 

義重の造った角館の町は「みちのくの小京都」と呼ばれ多くの人に愛され続けています。

そして、その姿は現代の時代でも、昔のままの情緒を色濃く残しています。

 

<スポンサーリンク>