三矢の訓

毛利元就の有名なエピソードの一つとして「三矢の訓」(さんしのおしえ)と言うのがありますね。

有名過ぎて、小学生でも知ってるでしょう。

昔は、学校の教科書に載ってたくらいですから。

 

元就が臨終の間際で…

毛利元就が死ぬ間際に、息子たち3人を呼んで矢を渡しました。

そして、手でもって折らせます。「バキッ、バキッ、バキッ」っと。

簡単に折れちゃいます。

 

そこで、今度は3本でやらせてみました。

そしたら、誰も折ることが出来ない。

 

つまり、これは1本の矢では簡単に折れてしまうが

3本が束になると、メッチャ強くなるという事を表していました。

これにより、3兄弟の結束はさらに高まったと言う話。

(今さら説明するまでも無いか…)

 

史実と比較してみると…

しかし、このエピソードは後世の作り話だそうです。

 

なぜなら、元就が臨終の間際に臨んだのは1571年でして、この頃には長男の隆元は死んでます。(1563年、食中毒)

 

一本足りない…。

 

でも、それっぽいメッセージは子供たちに残しているんですね。

それは、1557年に隆元、元春(吉川)、隆景(小早川)に贈った三子教訓状のこと。

 

その内容の中に「おまえら3人が中悪くしてると、毛利は壊滅するぞ~」という一文があります。

 

これを参考にして、江戸時代に誰かが話を創作したんですね。(誰かって…ダレ?)

そして、伝説となった。

 

でも、いい話じゃないですか!

一度聴いたら、人に話したくなりますよね?

<スポンサーリンク>

 

きっと、隆元が生きていれば元就のオヤジさんもやりたかったハズ。

枕元に息子たちを座らせて「いいか、お前たちに言っておきたい事がある…」なんつって、、

言い終わったら心の中で「よっしゃ、決まった!」ですよ?

 

ちなみに、毛利元就の息子は9人います。

娘さんの入れると、もう少し増えます…。

 

 

三本の矢を紹介

ついでなので、三矢に例えられた毛利兄弟3人を軽く紹介します。

 

①毛利隆元

一番上の兄貴です。

政治家タイプで内政能力に長じています。

隆元は毛利家の組織基盤をつくりに尽力します。

食中毒で亡くなりますが、その時の元就の落ち込み様ったら…どん底でした。

隆元の息子は、関ヶ原で西軍の大将を張った毛利輝元。

 

②吉川元春

次男の元春。

戦の強い猛将です。

そんな猛将が地元の最強軍団、吉川家の養子に入ります。

更なるパワーアップです。

で、織田軍とガッツンガッツン戦いました。

 

③小早川隆景

三男の隆景。

水軍系の武将。

毛利輝元は、この隆景によって育てられます。

かなり厳しかったそうですよ。

戦国武将の「厳しい」って、そりゃ大変なものです。

ガツン!ってやりますから。

 

 

まとめ

一本の矢では簡単に折れてしまうが、三本が束になると格段に強くなる。

だから、皆で結束して力を高めていくんだ…と言う「三矢の教え」。

しかし、それは後世の作家による作り話でした。

ただ、似たようなエピソードは毛利家の記録にも残っています。

三本の矢は使っていなかったけれど…。

<スポンサーリンク>