奥州の戦国大名、伊達政宗。

「独眼竜政宗」とか「遅れて来た英雄」と呼ばれたあの人です、みなさん良くご存知の…

テレビドラマとか、漫画などでも主役を張ってる人気キャラですよね。

今日は、政宗の生涯をサーっとおさらいしつつ、有名なエピソード等をご紹介します。

兜の三日月マークとか、眼帯の話とか…

サクッと読んで、楽しんで下さいね。

伊達政宗とは?政宗の生涯

伊達政宗は、江戸時代に仙台藩(宮城県)を築いた戦国大名。

世間的には「独眼竜政宗」の名で良く知られていまね。

三日月マークの兜と、黒い眼帯が印象的なあの人です。

(ただ、それってテレビドラマのイメージで、作られたところも少々あるんですが…)

政宗の出生

政宗は、1567年に米沢(山形県)で、伊達家の長男として生まれました。

ところが、幼少(6歳ぐらい)の時に痘瘡(天然痘のこと、当時の死亡率高い)を患って右目を失明。

右目は白濁し、ヴィジュアル的にイケてないのを気にした政宗は、ウジウジとした暗い少年期を過ごします。

しかし、側近の片倉小十郎に右目を刀でえぐり出す!?という、ショック療法をしてもらったのを機に、政宗は元気を取り戻したといいます。(伝説か?)

 

初陣

10歳で元服(成人式)した政宗は、その後13歳で愛姫(めごひめ)と結婚します。

ちなみに、愛姫はこの時12歳。

現代の感覚では、まだ子供ですよね…

 

それはともあれ…大人になった政宗は、15歳で初陣

そして、お隣の戦国大名の相馬氏と戦い…見事武功を立てました。

かくして、政宗は一人前の武将として認められます。

 

当時、政宗に対する周囲の期待は大きく、初陣した戦にはいつもより、沢山の兵が集まったそうです。

 

目指せ天下取り

政宗は、18歳で家督を継承します。

そして、大胆にも「天下取り」の目標をぶち上げました!

 

で、そのためにも「10年以内には東北地方を統一しなきゃね」

って事で、勢力拡大を繰り広げます。

 

その間、政宗の父さん(伊達輝宗)が拉致されて死んだり…

政宗自身が毒殺されそうになったり…

秀吉の惣無事令を無視しながらも…

がむしゃらに領土を広げて、奥州のほとんどを制圧するに至りました!

 

そこで「やったぜ!!ここまで来れば、天下取りのレースに参戦できる」

と、言いたいところですが…ちょっと遅かった様です。

 

政宗よりも先に、天下取りのリーチをかけて来たヤツがいました。

例のあの男です…豊臣秀吉

 

 

豊臣→徳川→仙台藩

東北に、大きな勢力を広げた伊達政宗。

しかし、悔しい事に豊臣秀吉はそれよりも先に…日本の半分以上を平定してしまった。

(大急ぎで、勢力を広げた政宗ですが…あぁ、あと10年早ければ!)

 

さすがの政宗も、この差はひっくり返せません。

しかも、秀吉の発した「惣無事令」を無視して戦を続けていたので、政宗はブラック大名の如く目を付けられ…崖っぷちスレスレのピンチ。

 

「おい政宗っ、オレの『惣無事令』をシカトするとは、良い根性してるじゃねえか…」

 

ここで逆らったら、かなりヤバいです。

自分の命ばかりか、家族や家臣たちにも迷惑が及ぶかも知れません。

 

そして、政宗は白装束を身にまとい、小田原城を攻めてる最中の秀吉の所へ向かい…

ついに、従う意思を示します。(豊臣に敵対する気持ちは死んでます…の意味)

 

これにより、領土はガッツリ取り上げられましたが…伊達家は存続を守ります。

 

その後、秀吉が死ぬと、今度は家康の時代へ。

もう、この頃になると「天下を取る」って言うよりも、伊達家を大事にしなきゃいけない時代。

 

政宗は、娘の五郎八姫(いろはひめ)と徳川忠輝(家康の6男)を結婚させて、徳川との関係を強化します。

もちろん、関ヶ原の戦いでは徳川方の東軍に加入しました。

 

やがて、戦国の時代が終わると、政宗は陸奥国に仙台藩(宮城県仙台市)を開きます。

仙台藩は62万石の巨大藩で、これより大きいのは加賀藩(前田)と薩摩藩(島津)しかありません。

 

天下取りの野望は果たせなかった政宗ですが、これだけやれば十分立派ですよ!

遅れて登場した割には、随分追い上げていますからね。

島津や前田と並び称されるなんて、ものすごい名誉な事です。

 

江戸時代に入ってからの政宗は…領土の開発にめちゃくちゃ力を入れ石高をアップし、仙台の城下町に京都と勝負できるくらいの都市を築きました。

 

<スポンサーリンク>

政宗の黒い眼帯・エピソード①

政宗と言えば、あの黒い眼帯がトレードマーク。

黒い刀の鍔(つば)にヒモを通して、右目にかけるアレ。

 

でも、政宗があの眼帯を着用しだしたのは、昭和の時代に入ってからというウワサ。

(ちょっと、以外?)

 

ただ、政宗が右目を患っていた事は間違いないようで…

当時の古文書には「白い布を当てていた」という記録はあるそうです。

でも、刀の鍔を眼帯にしていたワケじゃない様ですね。

 

あのスタイルが確立したのは、渡部謙の演じた大河ドラマ「独眼竜政宗」(1987年)からでして、それ以降「政宗=黒い眼帯」というイメージが定着します。

 

史実とは若干違いますね…でも、あれだけ大ヒット(視聴率40%)してお茶の間を興奮させたワケですから、そりゃ刷り込まれますよ~。

 

あ、そうそう。

政宗の眼帯といえば、痘瘡を患ってただれた右目を隠すものとされていますね。

で、この病んだ右目を、政宗の守役であった片倉小十郎が、刀でえぐり出して治療したという恐怖の伝説があります。(ギョエ~)

目に刀をぶっ刺して、激痛で失神しそうな政宗に「コラーッ、しっかりしろー!」

と、喝を入れる小十郎…

 

こちらは、政宗の死後暫く経ってから、伝わる話。

政宗の骸骨には、それらしい刀傷も見られないので「刀でグサッ」は、少し盛ってるかも知れません。

 

 

三日月の兜・エピソード②

伊達政宗のと言えば、三日月マークのアレですよ。

黒い鉄のヘルメットに、三日月形の前立てをくっつけたヤツ。

たぶん、戦国武将の兜で一番カッコイイです?

 

では、その三日月の意味とは?

これは「妙見(みょうけん)」という神様への信仰を表したものだそうです。

妙見様とは、北方を守護する武闘派の神様のこと。

北方系で武闘派なら、政宗にピッタリですね。

 

ただ、これには諸説あって他に「三日月=新月⇒新しく生まれる⇒新時代を築く」

と、解釈する説もあるようです。

 

世間的には、妙見説が主流ですが…

 

ちなみに、三日月を前立てに使用した武将に、山中鹿之助がいます。

鹿之助バージョンは、三日月をセンターに配置して、両サイドには鹿の角。

鹿之助も、やはり三日月を信仰の対象としていました。

 

政宗が、鹿之助のデザインをパクった…という話は聞いた事がないので、あの三日月は伊達家オリジナルだと思います。

 

 

愛姫・エピソード③

政宗の正室である愛姫(めごひめ)。

愛姫と政宗は、当然のことながら…政略結婚です!

 

戦国大名の奥さんは、好き嫌いで選べません。

お家のために結婚するのです。

ところが、愛姫と政宗は…当時としては珍しい、仲良し夫婦でありました。

 

愛姫は田村家(坂上田村麻呂の子孫の家系!)という、東北の名家からお嫁に来ます。

しかし、若い頃の政宗は周囲の大名から信頼されていなくて、田村の家としても

「コイツ大丈夫か?政宗の巻き沿いはゴメンだよ」みたいな感じで疑心暗鬼。

 

そこで、愛姫に付いてきた田村系のお手伝いさんたちが、政宗を暗殺しようとします。

当然、伊達家中は田村家に対してギクシャク状態。(お手伝いさん風スパイは処刑)

こんな事のになれば、愛姫だってメッチャ気まずいんです。

 

しかし、政宗は「それはそれ、これはこれ」として、愛姫には優しく接します。

こうして、政宗と愛姫はゆ~っくりと時間をかけて愛情を育みました。

(雨降って地固まる?)

二人は互いにジジババになっても、思いやりを忘れない穏やかな夫婦だったようです。

 

愛姫は政宗に遅れて、86歳で生涯を閉じます。

 

愛姫が亡くなり、その後家臣が遺品の整理をしていると、謎の箱が発見されました。

「なんじゃこりゃ?」と思って開けてみると…その中には、政宗が愛姫に宛てた手紙や、政宗のメモ書きみたいな物が大事にしまってありました。

 

愛姫は政宗に先立たれてから17年間、夫との思い出を頼りに生きていたのです。

 

 

おまけ・政宗の料理

伊達政宗は文武多才な武将なんですが、その中で政宗が特にこだわった手習い事があります。

それは「料理」。

 

武将は武道はもちろん、みんな和歌とか、茶道とか、鷹狩ぐらいはしますが…

料理まで手を出す人は、当時のインテリの証拠。

マジ、教養人。

 

そして、政宗の考案した料理は今でも現役で活躍中。

笹かまぼこずんだ餅伊達巻高野豆腐仙台味噌…などなど。

どれも、皆さんご存知ですよね?

 

グルメの政宗ですから…徳川将軍に料理を食わせる時などは、政宗自らメニューを考えて配膳までこなした、と言います。

愛情たっぷりで、極上の料理でもてなす。

 

ヘタに、毒見なんかしようもんなら「ゴㇽラァー!」と激怒。

丁寧に盛り付けた料理に、無粋に箸なんか突っ込まれたくないですからね。

 

 

 

<スポンサーリンク>