小早川隆景は、毛利輝元にとある相談を受けます。(輝元は隆景の甥っこ)

「隆景おじさん、そのうち毛利家で新しい城を造ろうと考えているんですよ。

広島城は、平地にあって防御力が弱いから、山の上に強力な城を造ろうかなって…

どう思います?」

しかし、隆景の答えは「新しい城は造るな」

え、どうして?

どうして、戦国大名なのに立派な城を造っちゃいけないの??

これには、隆景の深淵なる計略が潜んでいました。

広島城を新しく建てようか?

毛利輝元の居城は広島城

しかし、この広島城は平地にあるので、敵の目から見たらめっちゃ攻め易い。

 

そこで、輝元は毛利の重臣たちと、城の新築について話し合いました。

「山の上に城を建てて、もっと守備力を挙げた方がいいんじゃないか?」って。

 

すると、小早川隆景が言いました。

「城を作るのは、国の一大事。

ならば、戦の天才である黒田官兵衛に、意見を聞いてみよう」

 

そして後日、官兵衛が広島を立ち寄った時に、城の件を相談してみました。

 

すると…

「今の広島城は、平地にあるから『戦国最強』って、ワケにはいきません。

でも、皆さんが思ってような、悪い城ではないんですよ。

ボチボチです。

また、新たに城を新築するコストを考えたら、現状の広島城を大事に使った方が良いかも」

 

と、言う話。

 

隆景はこれを輝元に伝え、城の新築を止めさせました。

 

 

秀吉の酷評

その後、豊臣秀吉が九州征伐のため、毛利を訪れた時の事。

 

「あちゃ~、なんじゃこの城は?

ここは地形が低いから、水攻めを食らったら一巻の終わりじゃないか?

めっちゃ弱そう、ダメだこりゃ!」

 

これを聞いて、輝元はガックリと肩を落とします。

 

「平地の城はマズいんじゃないかな?と思ったら、やっぱその通りじゃん。

隆景おじさんの事は500%信頼していたけど、城の事は思いっきり裏切られた!

今度会ったら、絶対に文句言ってやる」

 

ところが隆景はそれを聞いて、こう言います・・・

 

 

ショボい城で毛利を守る

「ナニ?秀吉様が広島城を見て、ボロクソに言っただと?ホント?

こりゃ傑作だ!それでいいんだよ」

 

「おじさん!なんてひどい事を言うんですかっ!僕のことをバカにしてますね?」

 

「違う違う、そうじゃないんだって。いいか、良くき聞けよ…」

隆景は、今回の件を輝元に説明してやりました。

 

「あのな、広島城がショボいことは官兵衛も見抜いていたよ。

ただ、彼は秀吉様の手下だから、本当の事を言わない。

しかし、そこをあえて相談して、こちらは逆算して本音を探る。

で、やっぱり広島城は『ショボい』と分かる」

 

「でもな、城がショボいって良い事なんだ。

毛利みたいな巨大大名が、最強の城でも持ってみろよ。

絶対に警戒されて、つまんない事で因縁吹っ掛けられて、結局どこかで損をする。

それだったら、わざとショボい城に住んで『毛利はでくの坊』の振りをするんだ。

そうすりゃ、人を怖がらせないで済むから。」

 

「でも万が一、戦になって強い城が必要になったとするだろ?

その時は、毛利の領土内には、ガードの堅い城がたくさんあるから大丈夫だって。

まぁ、秀吉様はそれに気づかず広島城をコケにしてたくらいだから、しばらくは心配ないよ」

 

この時代に入ると、秀吉の力が強すぎて、もう誰も逆らえない状況。

強さで対抗しようものなら、たちまちケタ違いの大軍が襲ってくる。

では、どうやって生き延びようか?

 

そして、それに対する隆景の答えが「弱そうな広島城」であり…

または「小早川秀秋」でありました。

(一見すると、どこが優れている計略か分かりずらいんですが)

 

武力や兵の数は敵いませんが、先を見越す力は秀吉も官兵衛よりも上回っていたようです。

オヤジさん譲りの智謀で。

<スポンサーリンク>