毛利元就は最初、守護大名の大内義隆に仕えていました。

中国地方~北九州を支配する立派な大名です。

 

でも、元就から見たら…

「アレやっちゃだめでしょ、ココはちゃんとやって下さい、社長なんだからしっかりしてよ」

と、ダメ出しの連続。

 

これじゃ、どっちが主君だかわからない。

今回はそんな大内義隆と比較しながら、元就の考える大将の在り方について書いてみます。

 

元就と晴賢と義隆

転落するバカ殿

当初、毛利元就が仕えていた大内義隆は、巨大な守護大名。

中国地方や九州を合わせて、7カ国を領していました。

 

応仁の乱の後、多くの大名がパワーダウンしていく中で、大内氏は断トツの強さを見せつけ栄華を誇ります。

明・朝鮮との貿易でガッポリ儲けて、めっちゃ景気がよかった…

 

大したものですよ、ここまで出来るのなら。

ホント、ここまでは良かった…

 

しかし、この順調が災いして、ついつい気が緩みます。

調子に乗って、武芸や政治を怠り、宴会とか歌会みたいな事ばっかりやっていました。

 

でも、それはそれで必要な事は、優秀な重臣がやってくれたのです。

陶晴賢(すえはるかた)という武将が。

 

ちょっとぐらいなら、人に任せてもいいんです。

ちょっとぐらいなら…

 

そこで毛利元就は、遊び呆ける義隆とバリバリ仕事をこなす陶晴賢をじーっと見てました。

そして、そろそろヤバいかな?ってタイミングで主君の義隆に注意します。

 

「義隆様、そろそろ仕事に戻ってください。

せめて職業の割り振りとか、家臣の給料の配分位はお殿様がやらなきゃダメですよ」

<スポンサーリンク>

 

しかし、義隆は忠告を受け付けません。

バカ殿と化していく義隆…

 

変貌する陶晴賢

それをいいことに、日増しに力を増していく陶晴賢

 

一方、元就はその様子を観察することで、大将に大切な心得を如実に学ぶワケです。

何をしたら人がついて来るとか、何を怠ったら気持ちが離れていくとか。

 

それでまた、義隆にお説教。

 

「いいですか、義隆様。

今の状況は、陶晴賢に実権を渡し過ぎです。

金庫の鍵とか、社長のハンコまで任せちゃいけませんよ。

こんな事をいつまでも続けていたら、家臣達は義隆様を忘れて陶晴賢に懐いてしまいます。

昔から国を奪うのは、その家の家老みたいな人達ですからね。

今の陶晴賢には、それだけの勢いがあります。

いい加減、目を覚ましてください!」

 

非常に的確な忠告です。

それを、親切に教えてやってるのに…ダメでした。

 

元就の考えをまとめると、以下の様になります。

  • 人間は、直接仕事と給料をくれる人に靡く
  • それらの権限は代行であっても、繰り返すうちに自分の特権だと勘違いする
  • 最初は忠実な部下でも権力が増すと、上司をバカにする
  • さらに調子に乗ると、今度は社長を潰しにかかる

 

で、結局は陶晴賢の反乱によって、大内義隆は自害に追い込まれました。

大寧寺の変・1557年)

 

この一件で、大内氏は大パニックに陥りますが、元就は貴重な教訓を得る事になります。

「こんな大将じゃ、家が潰れてしまう…」と。

 

ただ、このドタバタ劇があったからこそ、元就にも下剋上のチャンスが巡ってきたわけですが…これもまた運命。

<スポンサーリンク>