尚巴志(しょうはし)とは、琉球王国の初代王様。

それまでの沖縄は、各勢力がバラバラに乱立していた状態で、これを一つにまとめ上げたのは画期的な出来事でした。

尚巴志の登場で、沖縄に新たな時代が始まります。

(年代的には、日本の室町時代の頃ですね)

今日は、尚巴志の紹介と、沖縄の歴史について触れてみたいと思います。

尚巴志とは

尚巴志(しょうはし)とは、沖縄を始めて統一して、琉球王国を樹立した武将。

もともとは豪族の息子だったのですが、お父さんと一緒に勢力を拡大し、ついには沖縄を統一するに至ります。

 

尚巴志は、それだけの偉業を成し遂げる人なので武勇に優れ、頭の良い武将

しかも、人望も厚く「尚巴志さんは、他の王様より優しいから好きっ!」てな感じで、人民からの人気がありました。

 

…って言うか、沖縄をまとめる以前にも各地に王様はいたんですが、どいつも一癖あってめんどくさい人達だったらしい。

 

 

ちなみに、尚巴志は背が小さくて身長は150cmしかりません。

小さいけど意外と怪力で、力比べに来た武将をビビらせて闘わずに屈服させた、、という伝説があります。

伝説だから、どこまで真実か分からないですけど、尚巴志の勇猛さを物語で言い表しているんでしょうね。

 

<スポンサーリンク>

 

沖縄統一までの流れ

尚巴志が沖縄を統一する前は、沖縄本島は3つの勢力が並び立っていました。

これを『三山時代』といって、沖縄の北部を北山国、南部を南山国、真ん中を中山国という国が支配しています。

 

 

尚巴志は南山国に仕えていた武将で、戦の末に中山国を制圧します。

 

すると、尚巴志の父さん「尚思紹(しょうししょう)」を中山国王として据え置きました。

(1406年)

次は、北山国を抑えて、こちらは次男の「尚忠(しょうちゅう)」に国を任せます。

(1416年)

そのうち、お父さんの尚思紹が死ぬと、自分が中山国の王様になります。

(1422年)

で、最後は南山国

南山国はもともと尚巴志のいた国なんですが、ロクでもない王様がのさばっていました。

そこで尚巴志は、南山王をやっつけて、、沖縄を統一します。

(1429年)

 

 

尚巴志の功績

琉球王国を打ち建てた後、尚巴志の大きな功績は、つぎの3つが挙げられます。

 

【都市整備】 首里城(旧国宝)をきれいに拡張し、那覇港を整備するなど都市環境をととのえました。

【貿易】 日本、中国、朝鮮、東南アジアとの貿易を展開しガッポリ儲けました。

【農業】 農機具に鉄製の物を導入して、生産効率を上げます。

 

 

農業に関して、良い話があるので一つご紹介しますね。

 

…尚巴志が若かったころ、一本のを作りました。

その刀は、3年の歳月を要して作られた力作中の力作。

そして、ある日のこと・・・

日本人の貿易商が、その刀を見てめっちゃ感動し「ぜひ、刀を売って下さい」とせがみます。

交渉の末…尚巴志は、刀と船に山盛りに積んである鉄の塊を交換。

そして、その鉄はと農民たちに分け与えました。

「これでとかを作るように」という意味で。

もちろん、農民さんは大喜びです。

さらに、刀の話を知ると…みんな尚巴志のファンになりました。

めでたしめでたし。

 

<スポンサーリンク>

 

おまけ・沖縄の歴史

沖縄は、日本列島と切り離されているので、歴史の進み方もだいぶ違ったようです。

 

日本では弥生時代あたりから農業が始まりますが、沖縄では12世紀からスタート。

それまでは、縄文時代みたいな暮らしをずーっと続けていました。

 

 

で、農業が始まると村を組織して、貧富の差が出てきて、その中から力の強い者も現れます。

すると、それぞれ勢力争いに発展して…力がまとまると国を形成する。

(農業が始まると、どこの国でもこのパターンです)

 

尚巴志の時代では、さっき書きましたが…北山国、中山国、南山国が並び立ちます。

そして、この3つを統一して琉球王国が誕生。

 

でも、誕生したての琉球王国は旧勢力の対立が解消されていなくて、若干ギクシャクしていました。

だから、本格的に琉球王国が軌道に乗るのは、その後40〜50年くらい経ってから。

(第二次尚氏政権)

 

 

ここから琉球王国は最盛期をむかえ、支配地域を与那国島奄美大島にまで広げます。

ただ、勢力が大きくなると、周りに危機感をあおってしまうんです…

 

場所が沖縄ですから、一番のご近所は鹿児島の島津氏

よりによって、あの島津氏。

ああ、可愛そう・・・

島津氏が? いえいえ、尚氏の方です。

 

 

琉球王国の存在を危惧した島津氏は、幕府の許可を得て討伐に乗り込んできます。

平和を満喫していた琉球王国に、戦国最強軍団が襲いかかりました!

 

こりゃもう、絶対に敵うワケない。

尚氏なんか秒殺ですよ・・・

そして琉球王国はなす術もなく、島津に服属します。

 

これ以降、琉球王国は一応国家の立場は保ちますが…ずーっと島津の支配下に置かれます。

明治時代まで。

 
<スポンサーリンク>