ある日、豊臣秀吉が関白になったお祝いに、故郷の百姓たちが駆け付けます。

「日吉、関白おめでとう!」って。

ところが、冷たい態度であしらう秀吉…

どうして?偉くなり過ぎて、下々の者とは付き合えないっていうの?

いえいえ、これには秀吉の人生観を支える哲学が込められていたのです。

…どういうこっちゃ?

<スポンサーリンク>

オレを誰だと思っている!こんなお祝いなどいらない!?

関白秀吉

1585年、秀吉は四国を平定する頃、関白に就任します。

そして、これを切っ掛けに羽柴秀吉は、豊臣秀吉と名乗るようになりました。

 

いよいよ関白ですよ。

朝廷の最高位ですからね、秀吉がどれだけ出世したか分かりますね。

 

 

さて、この秀吉の成り上がりを喜んだのは本人や家族のみならず、地元の尾張中村の百姓たちの間でもメッチャ盛り上がりました。

 

「あの日吉(秀吉のこと)が、関白様になっちまったよ!」

「尾張中村のヒーローだぜ!」

などなど…村のみんなが熱くなります。

 

秀吉は故郷をとても大事にしていたので、村人の間でも人気があったのです。

 

そして、故郷の尾張中村では有志が集って「日吉に、関白になったお祝いを持って行こうぜ!」

となります。

そこで、カンパを集めて何をプレゼントするか、みんなで相談…

 

 

で、話し合った結果「越前の羽二重絹にしよう」と、話がまとまります。

「お偉い様にプレゼントするなら、ゴージャスなものがいいよね!」って、感じで。

※羽二重絹→すごい高級な絹織物

 

そして村の代表者が、秀吉に羽二重絹を届けに行きました。

秀吉のよろこぶ顔を思い浮かべて…

 

 

羽二重絹なんかいらない、ちっとも面白くない

ところが、羽二重絹を見た秀吉は、むちゃくちゃイヤ~な顔をします。

 

「なんだ、こんなモノ!

今のオレなら一言『欲しい』といえば、羽二重絹なんか街中の着物屋が速攻で持ってくる。

だから、全然うれしくない!

しかも、こんなクソ高い物をわざわざ買って来やがって…くだらない。

って事はだよ、、アレか?お前らそれだけ金持ちだって事か?

それじゃ、今まで尾張中村の税金を安くしてやったけど、、そんな心配いらないよな。

いや、むしろガッツリ重税をかけてやる…」

 

 

ありゃ~、どういうコッチャ?

 

日吉は偉くなり過ぎて、頭がおかしくなっちゃったのかよ!?

なんて、ヒドイことを言うんだ!

 

<スポンサーリンク>

 

正解は故郷のゴボウ!

日吉の野郎、ナニ考えてんだ?

尾張中村の百姓たちは、これを聞いてたいへんなショックを受けます。

 

「日吉の野郎、調子に乗りやがって…」

「一体、オレたちが何をしたって言うんだ!?」

村人たちは、文句をブーブー言いながら話合いました。

 

 

すると、ある者からこんな意見が出ます。

 

「あのさ、日吉が初めて城持ち大名になった時のこと覚えてる?

あの時は、オレたち何も考えないで『日吉の好きなもの=ゴボウ

って、単純に日吉のことを思って、お祝いにゴボウ持っていったじゃん?

そしたらあいつスゲー喜んで、ゴボウよりも美味いもの御馳走してくれたよね?」

 

「ん~、ゴボウねぇ~?」

「でも、確かに日吉のヤツ喜んでたなぁ~」

 

村人たちは半信半疑でしたが、秀吉のことを信じて再度チャレンジ。

「中村で採れたゴボウ」を持って…

 

 

秀吉の原点と中村の思い出

それにしても羽二重絹と田舎のゴボウじゃ、もの凄い落差がありますよね?

 

しかし、当の秀吉は…

「おお!これだよ、これだよ!

超どストライク!

やっぱこれだよね~、中村のゴボウ!

今となっちゃ、豪勢な御馳走も食ってるけど…やっぱ、中村のゴボウは忘れられないんだ~

この土のにおい!懐かしいなぁ~

思い出すよ、これこそオレの原点なんだ・・・」

 

 

関白になる頃の秀吉は、実質ナンバーワン大名。

秀吉より強い大名はいません。

秀吉はどん底から這い上がって、武家の頂点を極めます。

 

しかし、ここまで偉くなると、昔の貧乏だった頃を忘れかけていました。

 

 

そこへ来て、中村のゴボウが届いた!

すると、百姓時代の苦労がいっぺんに蘇りました。

 

「オレは、最初から偉かったんじゃない。

貧乏な百姓からスタートして、歯を食いしばって努力してきた。

名家のお坊ちゃんが、関白になるのとはワケが違う。

そして、その頑張りを証明してくれるのが中村のゴボウや、故郷の仲間たちなんだ…

この落差があるからこそ、出世したことが余計にうれしいんだよ!」

 

そう考えると、秀吉は初心を思い出し、あらためて関白になった喜びが深まります。

 

 

ゴボウのにおいが、秀吉の原点。

そして秀吉の夢は、ゴボウや麦などをつくる一般的な百姓を幸せにすること。

その気持ちは、他のどの大名にも負けません。

 

だって、自分が身をもって百姓の苦労を経験していますから…

これこそが、元百姓である秀吉の強みだったのです。

 

 

そして、中村のゴボウが届いて…天狗になりかけた秀吉の心に、もう一度火がつきます。

いやぁ、これ以上のお祝いはありませんよね?

 

「中村のみんな、ありがとう…オレ、やっぱりゴボウが好きだ!今、思い出したぜ。

いい国つくって、おまえらをガンガン幸せにしてやるからな!期待してろよ!」

こうして、モチベーションが上がった秀吉は、願いをあらたにして全国統一を目指します。

 

もちろん、尾張中村への増税はキャンセルです。

 

<スポンサーリンク>

 

秀吉は信義を重んじる情け深い武将でありましたが、一番根っこの部分は田舎の百姓です。

秀吉の信義や情けの根幹には民、百姓を幸せにしたい…という願いがありました。

 

そしてこの「民、百姓」を幸せにするために、戦の鬼となったのが織田信長

秀吉が信長を崇拝したのは、自分自信が百姓の苦労を知っいた…という理由があったのです。

<スポンサーリンク>