忠義を貫いた武将

 

旧知の戦友

徳川家康は、いよいよ関ヶ原の合戦が始まろうとするその直前、伏見城を訪ねました。

家臣である鳥居元忠へ会いに来たのです。

 

「やぁ、元忠さん。今日はお話があって来ました。お邪魔しますね」

「ああ殿、お待ちしてました。どうぞこちらへ…」

 

家康と元忠はガキんちょの頃からの付き合い。主従の関係ではあるけど、親友と戦友を足してミックスした間柄。お互いにいい年。ジジイです)

 

で、その日家康は、関ヶ原の合戦の打ち合わせでやって来ました。

若干の悩みを抱えつつ…

 

別れのぼた餅

家康は「ねえ、元忠さん。合戦が始まったら、絶対にこの伏見城が狙われると思うんだけど…

その時は、無理して戦っちゃダメだよ。ヤバくなったら早く退却してね、若くないんだから」

と話します。

 

しかし、これを聞いた元忠は少し考えて…お付きの者にぼた餅をもって来させました。

「殿は、ぼた餅がお好きでしたよね…」

 

すると、家康はそのぼた餅を一つだけつかんで席を立ってしまった。

 

そこで側にいた家臣達は、元忠が何か失礼な事をしたのではないか?と

心配になり家康の後を追いかけます。

 

ところが、家康は廊下にいました。

そして、声を抑えて肩を震わせながら…涙を流している

家康には元忠が言わんとしている事が、すぐに伝わりました。

 

それは、お別れを意味するぼた餅なのでした。

 

伏見城をどうするか…

伏見城は戦略の上で重要なポイントだけど、ここで沢山の兵は動員できない

まだ、勝つか負けるか分からないし。

 

死ぬ気で戦ってくれれば、敵の勢いを抑える事は出来るかもしれない。

だけど、そんな事誰がやる?

 

城主である元忠?

いやあ、無理だよ。

ピークをとっくに過ぎた老いぼれジジイだし…

もし、そんな事頼んだら「死んでくれ」って言っている様なものだもん。

<スポンサーリンク>

 

だから、適当に戦ったら切りの良い所で引き上げもらうか…。

でもなぁ、伏見城で踏ん張ってもらえると助かるんだけど、元忠にはムリだよねぇ。

 

武士の本望

しかし、元忠の方はやる気満々。

 

ここで役割をはたすのが、最高の忠義であると心得ていたのでした。

これこそ、武士の本望。

 

家康としては、元忠が伏見城で頑張ってくれれば助かるんですけど…物事、頼んで良い事といけない事がある。

元忠は、そんな家康の心中を察します。

そして、最後のぼた餅を食わせました。

(これから死んじゃうって時に、ぼた餅まで頭回りますか?)

 

「殿、こういう時こそ忠義ですよ。

自分の命ばかり惜しんでいたら、大きな仕事は出来ませんから。

殿だって私の立場だったら、きっとそうする筈です。

だから、伏見城はこの元忠にお任せください

その代わり…我々の夢はちゃんと叶えてくださいね」

 

家康が流したものは、感謝と寂しさの入り混じった男涙。

 

捧げる忠義に、受け止める忠義。

この気持は絶対に無駄にしてはならない。

 

漢の生き様

それから暫くして(1600年9月8日)

家康は上州からの移動中に、元忠が討ち死にした知らせを受けます。

それは、石田三成や島津忠常相手に戦い壮絶な最期であったとの事。

 

こうなる事は予期していたものの、やはり大きなショックを感じます。

家康は馬上から転げ落ち、地面に突っ伏して泣きました。

 

本物の武将

鳥居元忠は飛びぬけて戦の強い武将ではありません

しかし、この時ばかりは豊臣の大軍を相手に善戦し、家康から仰せつかった役目を十二分に果たすことが出来した。

 

武功ばかり考えて戦っている人には、こんな戦はバカバカしくって出来ません。

また、理屈で納得するような「忠義」なんか強敵が現れた瞬間に吹き飛んでしまいます。

本物の忠義を尽くせる者こそが、になれるのです。

 

<スポンサーリンク>