秀吉と戦う為に、鳥取城にやって来た吉川経家(つねいえ)。

経家は籠城戦で対抗しますが、後でとんでもない目に遭います。

地獄の籠城戦…

吉川経家

吉川経家は毛利系の武将。

石見国(島根県)出身。

1547年生まれなので、黒田官兵衛と同世代です。

 

名前は吉川ですが、血は繋がっていません。

経家の父さんの代で、吉川の分家に養子に入ったため吉川姓となりました。

(本家から見ると、ちょっと遠いかなぁ?)

 

でも、家臣の中では重臣クラスなので石見国(島根県)に自分のお城を持っています。

ただ、領地のからの収入が少なくて、金持ちではありませんでした。

 

経家は文武に秀でた武将でまた男っぷりが良く、秀吉がベタ褒めするくらいの人物。

戦の責任を取って切腹で最期を遂げたのですが、敵方にも経家の死を惜しむ声が上がったそうです。

 

 

鳥取城籠城戦

 

吉川経家の登場

1581年、織田家の軍勢は毛利討伐を目指して因幡国(鳥取県)まで攻め込んで来ました。

軍を率いるのは羽柴秀吉

 

まず、狙われたのは毛利系の家臣、山名豊国が所持する鳥取城。

しかし、国豊は鳥取周辺の支城が次々と落とされていく戦況を鑑みて

「こりゃ、絶対に敵わん」

と判断し、早々に降伏するつもりでいました。

 

これを見た国豊の家臣森下道誉中村春続は「こんなヘナチョコ城主じゃ使い物にならん」

国豊を追い出してしまう。

 

そして、吉川本家(春元)に連絡してもっとマシな城主を連れて来るように言います。

 

そこにやって来たのが、勇敢なる武将吉川経家だったのです。

代打の切り札、経家。

 

実は経家の吉川家はお金が無かったので、本家の方に「所領をもっとくれー」とよく訴えていました。

 

そこで「鳥取城で頑張ったら、増やしてあげるね」と言う事で経家が登場したのです。

鳥取城の家臣達も「ちゃんとした大将が来て良かった~」喜んでいました。

 

しかし、それは軽い判断じゃないです。

 

厳しい戦況の中に飛び込むのですから、基本的には死ぬ覚悟は必要です。

それでも、経家は決断しました。

 

 

籠城戦に挑む

野戦では、秀吉軍に敵わないので(兵力が全然違う 4千vs2万)、籠城戦で対抗する経家。

戦に備えて城の周りを守りで固めますが…ちょっと兵糧が不足ぎみ。

 

噂では、黒田官兵衛が差し向けた商人が鳥取城の兵糧米を

倍の値段買い上げたとの話。

(噂ですよ、異説もあります)

 

さらに、城下にある民家を放火して、住民を鳥取城に逃げ込ませます。

これで、食い扶持がどんどん減っていく。

 

そして、ついに秀吉の軍勢が鳥取城に襲い掛かります。

 

と言っても、みんなでワーッて攻め込むんじゃなくて

城の周りをぐりんぐりんに包囲した。

 

戦うよりも、救援を断ち切る作戦です。

 

もちろん吉川の本部からは援軍が来たり、食料を届けようとしましたが、陸も海も封鎖されて鳥取城に辿り着けない。

 

すると、1カ月が経過すると兵糧は底をつき…

2カ月目には城内の馬とか、鼠、カエル、草の根っこ、木の皮等を食べで飢えをしのぎ

3カ月目には餓死者が続出。

 

餓死者が出ると、餓死者を食べます。

 

人間は追い詰められるとここまでやります。

それは、鳥取城に限った話ではありません。

 

中には城を脱走して、秀吉軍に助けを求める者まで現れる始末。

(これでは、敵味方があべこべ…)

 

もう、これ以上は無理です。

ついに、経家は降伏

 

 

哀れなる義士

城を開いた経家は、自分の首と引き換えに家臣達の命を救ってほしいと嘆願しました。

 

ところが、秀吉の判断では

「経家さんは後から代打で来ただけなので、首は切らなくていいです。

 問題なのは俺たちに刃向かってきた森下道誉中村春続です。

 だから、この二人の首は切ってほしい」とのこと。

 

しかし、経家は

「いいえ、それでは大将として責任を全うした事にはなりません。

首を切るのはまず、この私からでしょう…」

 

この一言が言えるのが侍です。

秀吉も「コイツは見上げた男だな」と感服します。

(秀吉はこういう武将が大好きなんです)

 

で、秀吉は信長と相談して経家道誉春続の3人首をもらう事にしました。

経家の首はその後、安土に送られ信長がきちんと葬ってくれたそうです。

 

いや、それどころか今現在でも経家の義勇は忘れ去られる事はなく鳥取城の前には吉川経家の銅像が立っています。

金ぴかのミーハーなオブジェじゃなくて、青さびを纏ったシブい銅像です。

 

鳥取城をお立ち寄りの際には、ぜひ経家の前で胸をジーンとさせて下さい。

 

 

 

まとめ

毛利系家臣の勇敢な侍、吉川経家。

経家は山名豊国の後釜として鳥取城にやって来ます。

そして、秀吉との籠城戦。

過酷な兵糧攻めを食らった末に、経家は秀吉に降伏します。

しかし、義心を貫いた経家の侍魂に秀吉は心底感服しました。

経家の義勇は400年経った現代でも、今もって語り継がれています。

 

 

お好きな武将や、気になる戦があったら「コメント欄」にお寄せ下さい↓

<スポンサーリンク>