備中国とは?

備中国とは、岡山県西半分を指す昔の地名のこと。

 

備前と備後に挟まれているので備中。

「備~」シリーズの真ん中に位置しています。

大昔は備前、備中、備後を三つまとめて「吉備国」と呼んでいました。

 

しかし、奈良時代から吉備国を分割して、それぞれの国に名前を付けました。

と言っても前、中、後をくっつけただけですね。

その一、その二、その三、…みたいな感じ。

 

ところで、今どき備中国なんて言われてもピント来ないですよね。

昔の話ですから。

 

 

まぁ、それでも備中を少しでも身近に感じてもらえるとしたら…

とりあえず、倉敷市なんかイメージし易いんじゃないでしょうか?

 

白壁の街並みを美しく保全した観光地、倉敷。

旅行で訪れた事のある方も多いでしょう。

あそこは備中です。

 

ついでに、倉敷といえば瀬戸大橋がかかっていますよね。

岡山県と香川県を繋ぐでっかい橋。

 

あれも、備中の景色であります。

はなはだ、現代的ではありますが…

 

あと、もう一つだけ紹介します。

 

備中国内には、今で言う岡山県「総社市」(そうじゃし)という街があるんです。

そこには昔、鬼ヶ島がありました!(桃太郎さんの…)

で、鬼ヶ島の城を「鬼ノ城」(きのじょう)と呼んだそうです。

 

かなりヤバいですね「鬼」ですから。

でも、本当に鬼はいたらしい。

 

総社市のホームページに載っていますからね。

備中国、恐ろしや…。

(実際は、山頂に砦を築いていた外国人グループを地元民や旅人が恐れていたという話)

<スポンサーリンク>

 

 

備中国の歴史

岡山県を中心とする場所にあった古代国家「吉備国」。

そこを治めていたのは地方豪族の吉備氏でした。

 

吉備氏の勢力は凄まじく、当時最先端を突っ走っていた出雲や大和の豪族と肩を並べるほど。

ものすんごい昔の話ですが…。

(吉備氏の娘さんがヤマトタケルのところへ嫁に行った…とかいう古い時代です)

 

 

さて、少し時代が進んでもうすぐ奈良時代って時に、吉備国は備前、備中、備後に三分割されます。(ここで備中が誕生しました)

 

そして、それぞれの国を貴族とか皇族系の人たちが治めていきます。(藤原系が強いかな?)

平安時代が終わるまでは、そんな感じ。

 

鎌倉時代では北条の人たちが入り込んできましたね。

 

 

そして、室町時代

室町時代になると、細川系の人が備中を引き継いで治めます。

しかし、ラストは戦国時代に突入して尼子氏毛利氏宇喜多氏がもつれ合い…関ヶ原の戦いではちゃぶ台がひっくり返える。

 

江戸時代に入ってからは、備中高松藩となり池田家→水谷家→安東家→石川家→板倉家と引き継ぎます。

備中高松藩では、城主が入っても後継ぎができなかったり、転封されたりでお家がしょっちゅう変わっていました。

 

 

明治維新においては、備中高松藩は朝敵扱いされてお城を取られてしまった!(戊辰戦争)

その後、廃藩置県を経た備中高松藩はお隣の岡山藩と合体して「岡山県」となります。

 

以上、備中国でした。

<スポンサーリンク>