勘合貿易とは室町時代から始まった貿易。

一枚の木札を半分に割って、貿易する相手と一致できたら取引OKとする貿易です。

 

11勘合貿易 勘合札

 

海を渡っての貿易は大変でしたが、ガッツリ儲かったらしいですよ…

日本と明(昔の中国)との貿易だったので、日明貿易とも言いますね。

 

今日は勘合貿易の交易品や、当時の貿易事情についてお送りします。

じゃ、始めます。

勘合貿易とは

勘合貿易とは、室町時代に始まった貿易。(1404年~1459年)

 

3代目の将軍『足利義満』が始めました。

お金が欲しかったので…

 

足利義満勘合貿易11
足利義満

 

当時の日本は、(昔の中国)と正式な国交を結んでいませんでした。

 

でも、個人レベルでの日明の交流はあったんですね。

そして、貿易事業も行われていました。

 

ただ、国家同士がちゃんと連携してないから、海上や港周辺では国の目が行き届かない。

 

すると、悪い奴らが盛んに活動しちゃうんです。

海賊さんたちが…

これを倭寇と言います。(残念ながら、倭寇をやってた連中は日本人)

 

倭寇 勘合貿易11

 

日明の人たちが交易をしてると、そこに倭寇が現れて強盗みたいな事をするんです。

これは、海の治安上非常に危険。

 

そこで、明の方からクレームが入るんです。

「なんなんだ、あの倭寇って連中は?あいつら日本人だろ。迷惑だから、そっちで取り締まってくれよな」と。

 

そこで、足利義満は倭寇の取り締まりを開始します。

倭寇を取り締まるって事は、海に行って船を出している。

 

そこで「だったら自分たちで貿易しちゃえば?せっかくここまで来てるんだから」

と言う流れになります。

 

ちゃんとした人が安全に貿易するなら、明としても安心です。

 

で、さらに…「そこまで交流があるんなら、国交を結んだ方がいいんじゃない?」

ってな感じで、日明の間で国交と貿易が正式に認められるようになります。

 

そして、貿易をする時は「勘合札」という二つに割った木の札を一致させて、お互いに正式な貿易相手であることを確認します。

だから、勘合貿易

 

11勘合貿易 勘合札

 

ただ、日明の貿易って日本にとってチョッピリ、屈辱。

と言うのは、日明の貿易は主導権は明の方にある。

明が上で、日本が下。

 

悔しいじゃないですか~。

<スポンサーリンク>

日本が明に貢物を捧げてそのお返しを頂戴する、という立場。

 

でも…貿易ってやってみるとメッチャ儲かる(*’▽’)

 

当時の幕府は、財政難で苦しんでいたので「悔しいけど、やっぱお金!」

ってことで、貿易続行。

 

これが、紆余曲折を経ながら150年ぐらい続きます。

(結構、長く続きましたね)

 

勘合貿易は最初幕府主導の形で始めましたが、後に商人や大名が乗り出して来て、守護大名の大内氏などは相当おいしい思いをしました。

 

ちなみに、勘合貿易で倭寇の排除は行われましたが…根絶するまでは出来ませんでした。

一部の連中はしぶとく生き残り、しばしば勘合貿易の障害となります。

 

<スポンサーリンク>

勘合貿易の輸入品など

  • 輸入品 → 明銭(永楽通宝)、絹製品、書物、織物、陶磁器…など
  • 輸出品 → 硫黄、銅、金、刀、漆器、屏風…など

 

勘合貿易のの目玉は、何といってもです。

日本から明に銅を輸出すると、かなりいい値段で売れました。

11勘合貿易 銅

 

また、明から輸入した絹糸を日本国内で販売すると、ボロ儲け!だったそうです。

勘合貿易 絹糸11

 

明は日本の親分のつもりだったので、日本の輸出品を気前よく買ってくれました。

「明は金持ちだから、何でも買ってあげるよ…」みたいな格好をつけたかったんです。

永楽帝
明の永楽帝

おかげで、日本はウマい汁が吸えました。

運送費とか、現地の宿泊費用も明が持ってくれたし…

 

 

日朝貿易

日明の勘合貿易が活発になると、これと同じように日朝での貿易が始まります。

 

李氏朝鮮からも「倭寇が危険だから鎮圧してくれ」

という要求が入り…鎮圧→国交→貿易という、勘合貿易と同じパターンです。

 

で、日朝貿易の商品は

  • 輸入品 → 主に木綿。それと朝鮮人参など。
  • 輸出品 → 銅、硫黄、香木…など。

 

朝鮮の木綿は日本にたくさん輸入され、当時の衣服文化に大きな影響を与えました。

それまで、日本には木綿があまりなかったので。

11勘合貿易 木綿糸

 

日本から輸出した硫黄は、火薬の材料にしたそうです。

日本は火山国ですから硫黄はザクザク採れますからね…こちらも大変儲かりました。

 

南蛮貿易の「輸入品&輸出品」はこれだ!

【朱印船貿易とは】簡単説明!相手国はどこ?いつから?

 

<スポンサーリンク>